5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

「トルネード投法」と言えば!!日本人メジャーリーガーのレジェンド”野茂英雄投手”

ノンカテゴリ

「トルネード投法」と言えば!!日本人メジャーリーガーのレジェンド”野茂英雄投手”
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

日本人メジャーリーガーのパイオニア

現在、沢山の日本人選手が、アメリカ・メジャーリーグで活躍しています。
  
ヤンキースの田中将大投手、ドジャースの前田健太投手、マリナーズの岩隈久志投手、そして、マーリンズのイチロー選手など。
  
過去にも、沢山の日本人選手が活躍してきました。
  
黒田博樹投手、佐々木主浩投手、松坂大輔投手、吉井理人投手、新庄剛志選手、そして、松井秀喜選手など。
  
その、日本人選手がメジャーリーグで活躍するきっかけを作った”パイオニア”と言われている選手が、
  
   
   
野茂英雄投手です。

そんな、野茂英雄投手とは?どんな選手?

ドラフト会議

1989年のNPBドラフトでは史上最多の8球団(阪神タイガース、ロッテオリオンズ、ヤクルトスワローズ、横浜大洋ホエールズ、福岡ダイエーホークス、日本ハムファイターズ、オリックス・ブレーブス、近鉄バファローズ)から1位指名を受け、抽選の結果近鉄が交渉権を獲得した。
  
推定契約金は史上初の1億円台となる1億2000万円、推定年俸は1200万円で、契約時に投球フォームを変更しないという条項が付け加えられた。

出典 http://ja.wikipedia.org

トルネード投法って?

振りかぶった投手が一度大きく打者に背中を見せるまで捻りを加えながら並進運動を起こし、そこから一気にボールを放つ。
長所としては身体の回転及び捻りによって引き伸ばされた筋肉の反発作用により、球速・球威が増す。
また、球持ちが長くなるためリリースポイントがわかりにくく打者から見て打ち難い。
  
短所は一度捕手側に背を向け体全体を大きく使って投げるため、体軸や目線がぶれやすく制球が悪くなりがちである。また、モーションが大きいことから走者がいる際には盗塁を防ぐため使えない。
2段モーションとして扱われる場合もある。強靭な下半身及び高いバランス感覚がなければ習得は難しい投法である。

1990年に近鉄に入団した野茂英雄がこの独特のフォームで活躍したことから球団はこの投法を売りにしようとネーミングを募集し、「トルネード(竜巻き)投法」の名前が決まった。
その後、野茂はメジャーリーグに移籍し初年度から活躍したがメジャーでもこのような投法をしている者はおらず、「tornado(トルネイド)」は野茂英雄の投法として、現地の実況でも使われるようになった。
このため「トルネード(投法)」は日本から逆輸出された野球用語と言える。

出典 http://ja.wikipedia.org

この投げ方でストライクゾーンに安定して投げられるって驚きですね!!  
  
実際、四球や暴投も多かったようですが・・・
  
 
誰も真似できない、美しくダイナミックな投球フォームです!!!

近鉄入団からメジャーリーグ入団まで

入団した1990年は新人ながら最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率と投手四冠を独占したほか、ベストナイン・新人王・沢村栄治賞・MVPにも輝き、パ・リーグの投手が沢村賞の選考対象となったのは1989年からで、野茂はパ・リーグからの受賞第1号となった。
奪三振に関してはシーズン2桁奪三振試合21回、5試合連続2桁奪三振(当時)、三振奪取率10.99(パ・リーグ最高記録)など従来の記録を次々に更新し、「ドクターK」の異名に違わぬ活躍を見せる。
 
1991年には自身の記録を塗り替える6試合連続2桁奪三振を記録した他、1993年にも5試合連続2桁奪三振を記録。同時に1990年から1993年にかけ、史上初の新人年からの4年連続最多勝と最多奪三振のタイトル同時獲得を達成。
 
1994年の契約更改では複数年契約と、団野村を代理人とした代理人交渉制度を希望したが、球団は肩を故障してシーズン後半を棒に振ったことを理由に拒否。
この際「君はもう近鉄の顔ではない」と言い放ったとされている。
  
交渉が不調に終わった結果近鉄を退団し、メジャーリーグに挑戦する。
  
1995年2月8日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。
年俸は近鉄時代の1億4000万円からわずか980万円になった。

出典 http://ja.wikipedia.org

近鉄ってもうなくなった球団だけど、ひどいね!   
  
っていうか、勿体ない!!
  
野茂投手は、メジャーリーグに行きたかったわけではなく
もう、近鉄でプレーしたくなかった、という事も言われています。
  
でも、そのおかげで、「メジャーリーガー野茂英雄」が
誕生した訳ですけどね・・・

メジャーリーガー野茂英雄の活躍

1995年5月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たし、村上雅則以来31年ぶり2人目の日本人メジャーリーガーとなった。
6月2日のニューヨーク・メッツ戦でメジャー初勝利を挙げ、24日のジャイアンツ戦では日本人メジャーリーガー史上初の完封勝利を記録。
その年の前半戦を13試合の登板で6勝1敗・防御率1.99・WHIP1.07の好成績で折り返し、オールスターゲームに初選出されて先発投手を務め、2イニングを1安打無失点に抑えた。
シーズン通算で13勝6敗、リーグ2位の防御率2.54・236奪三振、リーグ最多の3完封を記録して最多奪三振のタイトルを獲得し、チームの7年ぶりの地区優勝に貢献。日米で『NOMOマニア』という言葉が生まれる程の人気を誇った。
  
1996年9月17日のロッキーズ戦では雨で試合開始が2時間遅れたが、トルネードを封印しセットポジションに終始した投球でノーヒッターを達成した。
  
1998年から、メッツ、タイガースと球団を渡り歩き、
レッドソックス時代の、2001年4月4日のボルティモア・オリオールズ戦では電気系統の故障で試合開始が遅れた中、2度目のノーヒッターを達成。両リーグでのノーヒッターはサイ・ヤング、ジム・バニング、ノーラン・ライアンに次いで史上4人目となった。
  
2001年12月19日に古巣ドジャースに復帰。
2003年は自身3年ぶりの開幕投手に指名され、開幕戦となった3月31日のダイヤモンドバックス戦で、ランディ・ジョンソンと投げ合い、完封勝利。4月20日のジャイアンツ戦でメジャー通算100勝を達成。
  
2008年7月17日、共同通信のインタビューに対して「リタイアすることにした。プロ野球選手としてお客さんに見せるパフォーマンスは出せないと思うし、同じように思っている球団も多いと思う。自分の中ではまだまだやりたい気持ちが強いが、自分の気持ちだけで中途半端にしていても周りに迷惑をかけるだけだと思った」とコメントして現役引退を表明。
メジャーリーグでの大半を過ごしたドジャースを除く29球団との試合で勝ち星を記録していたため、MLB全30球団からの勝利が達成間近での引退となった。

出典 http://ja.wikipedia.org

もう、これからこんな凄い日本人は出て来ない!?
   
と言いたいところですが、
  
出て来て欲しい!!  
  
いや!出て来ますとも!!
  
期待してます。

野茂英雄投手を称えるTwitter

トルネード投法!いまだに健在!!

さすがに、当たり前だけど、老けたし太ってるけど
  
トルネード
  
今、見ても、カッコイイ!!
  
他の選手と比べると
  
真剣!!
  
これが、「野茂英雄」です。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録